ImageClock
こちらもヨロシク☆
『浮き草上等』 続☆浮き草上等のパート1です。 よかったら覗いてみて下さい♪ http://blog.blochiita.jp/ukigusa/
プロフィール

kaka0323

Author:kaka0323
かかデス(*´∀`*)ノHELLO

将来有望な芸人の息子と
何気ない日常の何気ないブログです♪
気まま&お気楽がモットー☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
hello☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

MOS BURGER   ~ ご当地創作バーガー決戦 ~

2017.9.25 wed


9.25 mos

息子っちと MOS BURGER
滅多にない私のリクエスト。
でも、私はハンバーガーがあまり得意では無いです。
じゃ、なんでモスに来たかって?




9.25 mos2

コレです。 コレ

ご当地創作バーガー決戦!

「地元の名物」をキーワードに全国の店舗スタッフからアイディアを募集し商品化。
今年で3回目。今回のテーマは「揚げ物」
そう、苦手なハンバーガーじゃないので食べにきたのです。

第一弾は北海道と地元・愛知 これは絶対、食べなきゃ。


9.25 mos3

第一弾は9/12から


9.25 mos4

第二弾は埼玉と長崎。
どれも、とても工夫されていてスタッフさんたちの熱意が伝わってくる。
パンフを読んでいるだけでも、美味しそう。

北海道と愛知の創作バーガーを注文して、パンフを見ながら楽しみに待ちます。




9.25 mos5

「北海道 北見しょうゆタレとんかつバーガー」

北海道北見市の多くの焼肉店で手作りされている
醤油ベースの “生たれ” をモス流にアレンジ。
これに北海道産の豚もも肉を使ったとんかつ 
そして、モスらしく新鮮なグリーンリーフ、輪切りトマト、細切りレタスを一緒にサンド。


やってきた北海道の創作バーガーはこんな感じ。


9.25 mos6

うん、モスは期待を裏切らないね。
一方の名古屋はこちらもならではの食材。



9.25 mos7

「名古屋 名古屋海老フライバーガー レモンタルタル」

名古屋名物と言えば!エビフライ
名古屋人、愛知県民、東海地方の人は本当にエビフライが好き。
鰻屋さんに行っても、メニューにはあったりするし
喫茶店のエビフライだって、本格的だし
よくある衣だけのエビフライってやつに遭遇する確率は愛知では低い。
話がそれちゃったけど、モスでは大ぶりのエビフライ2本をバンズに挟んで、
濃厚なカツソース&モスオリジナルのレモンタルタルソースを合わせたそう。


そして、やってきた名古屋の創作バーガーは


9.25 mos8

あー。。。。 もう、最高なフォトジェニック
海老のプリッと感がエビフライのシルエットから分かる。


息子っちは北海道に期待。 私はモチロン、名古屋に期待。


9.25 mos9

北海道の北見しょうゆタレとんかつバーガーは
とんかつがしっかりとしててお店で食べる、ちゃんとしたとんかつ。
「生ダレ」は今までに味わったことない味。
焼肉ダレとは違うし、ソースとも違う。 酸味もきつくなくて上品な感じ。


9.25 mos10

名古屋の名古屋海老フライバーガー レモンタルタルは
やっぱり、海老がもぉ~ プリップリッ
こんなにもプリッとするもん?ってぐらいでした。
オリジナルのレモンタルタルが爽やかでイイ!

どちらも全く違う美味しさで、どちらももう一度、食べたくなる美味しさだった。
(息子っちはやっぱり、北海道の方が好きだって。)
予想では名古屋の勝ちだろうと思っていたけど
北海道の生ダレがとても、複雑な味わいで美味しかった。
第一弾は9月12日から10月中旬までの期間限定だから
もう一回、食べようと思っていたら。。。。
この翌週に
名古屋の名古屋海老フライバーガー レモンタルタルが完売
東海地方民だけじゃなく、日本人は海老が好きなんだねー。



9.25 mos11

息子っち、大きなオニオンフライに喜ぶ。


9.25 mos12

締めは玄米フレークシェイク カフェゼリー
玄米フレーク、ほんと美味しい。



9.25 mos13

お会計の時にスタッフさんがくれた10円玉。
この日は事前にネットで注文をしておいたから通信費ということみたい。

そして、とても感じの良い中年男性が対応して下さって気持ち良かったな。
ファーストフードと言うと若い子が多いけれど
レジェンドなスタッフさんがいるとお店の雰囲気がランクUPして見える


息子っちの意外な告白に母驚いた
息子っちと「会いたい芸能人・有名人はダレ?」と言う話題になって
私は「石やん」と答えると息子っちは「本田翼」だと言った。


9.25 mos14

息子の胸のカギを こわして逃げて行ったぁ~!
アイツはどこにいるのか?
盗んだココロ返せぇぇ~!

息子っち、絶対!絶対! 女に騙されるタイプだな(笑)



ギャルリ 百草   ~ 中国茶茶会 ~

2017.7.16 sun

前記事の続き。
hoshizumiさんで楽しい時間を過ごした後、私は次の目的地へ。


7.16 百草

ギャルリ 百草

実は私、初の百草さんでした。
いままでお邪魔するタイミングが合わず、何となくアウエーな気もしてて。
だけど、この日はとある会に事前に申し込みをしてあったので
「よっしゃ!」っと緊張しながら足を踏み入れてみました。


「お茶の時間展」 という企画展が
7月1日(土)~7月17日(月・祝)まで開催。
いろいろな茶箱・茶の器各種(コーヒー・紅茶・中国茶・抹茶・煎茶など)が
ギャラリーにズラリと並んでいました。
どれも素敵でうっとり
私には高価で手は出せないけれど、美術品のような作品を見られるだけでも幸せ。

企画展に合わせてお茶を愉しむ素敵なイベントも。。。。

・「coffee Kajitaコーヒー教室」 
梶田真二さんが、coffee Kajitaのお店と同様の、美味しいコーヒーの淹れ方を伝授。

・「茶の会|日本茶の新しい展開」
茶・点前 / 櫻井焙茶研究所  菓子 / 菓子ここのつ

・「菓子の茶事」
菓子 / 菓子ここのつ  点前 / 安藤雅信

・「中国茶茶会」      
菓子 / Organic Vegan Sweets  点前 / 安藤雅信

全部、参加したいッ
でも、そうはいきません。
なので一番、興味のある Organic Vegan Sweets 田中あづさサンの会へ申し込みました。




7.16 百草2

中国茶茶会

点前は 安藤雅信さん。 
お菓子は Organic Vegan Sweets 田中あづさサン。
とても、贅沢な茶会でした。

ハーブティー1種類、中国茶2種類、お菓子2種類。

安藤さんのお話は安藤ニストの皆さんにボコボコにされるだろうけど、
思った通りに言うと「いい意味で変態」だった。
絶対、変態です(笑)

そして、中国茶に合うお菓子を数ヶ月かけて
何度も何度も試作を重ねて作り上げたあづさサン。
烏龍茶にはティラミス。
白茶にはシナモンの焼き菓子。
モチロン、2種類ともヴィ―ガンのお菓子です。




7.16 百草3

確かに
苦味のある烏龍茶には油分のあるティラミスが合う。
すっきりとした白茶にはシナモンの風味が最高◎
シナモンのお菓子を食べて白茶を飲むとぶわっと広がるシナモンの風味にショックを受けた。

中国茶ってこんなに美味しいものだったなんて。
sweetな13歳の味から
酸いも甘いも噛み分けた70歳の味まで堪能しました。

ティラミスの器はこの日の為に安藤さんが製作されたもの。
青味ががかって美しく、軽く、触角の良さ。。。。
欲しいなぁーっ。。。。

百草さんにはお洒落なマダムたちが集い、
やっぱり私には敷居が高かったけれど、百草さんだからこその展示や企画があって
本当に贅沢で素敵で夢の中にいるようだった。
気負うことなくお邪魔できるように自分磨き、頑張ろぉ~っと


ギャルリ 百草   http://www.momogusa.jp/index.html



hoshizumi   ~ 2017.7月 ~

2017.7.16 sun


7.16 hoshizumi

hoshizumi


二度目のお邪魔になりました。
私の故郷、多治見市にある素敵なレストラン。
前回は一人でお邪魔しましたが、この日は幼馴染み&高校の頃の同級生と。



7.16 hoshizumi2

一人は5年ぶりの再会で小学生の頃からの幼馴染み。
もう一人は10年ぶりの再会で高校生のころからの付き合い。
私達は高校の同級生。 そして、3人とも多治見市の生まれ。

親友というより身内のような関係。
遠慮が無いトークは時々、グサッと胸を刺し遠慮が無い心配に涙が溢れてしまう。
「ちーっとも連絡とれーへんもんで、心配やったに!」
東濃弁バリバリのさっちゃん。
「あんたは悩みを打ち明けてくれんもんでさー!」
高校一、問題児だったゆきえ。
どんな深刻な話でも
結局、笑いに変わって、笑い過ぎてお腹が痛くなって涙が出ちゃうほど。。。。

気さくであったかい彼女たちは若い頃よりもパワフル
同郷のhoshizumiさんの奥様を巻き込んで喋り出すし。。。。

二人ともhoshizumiさんの存在は全く知らなかった。
それもそのはず。
一人は親の仕事を引き継ぎ、社長&バツイチ子ども3人の生活。
もう一人は製陶所の女将さん&子ども3人の生活。
ゆっくり、お洒落なお店で食事をする時間はまだ無い。

この日はせっかくだから、ちょっと奮発して美味しいご飯を食べよう

それに40過ぎたんだから、記念日や特別な日に行くお店も知っといた方がいいしね



7.16 hoshizumi

hoshizumiさんのお料理は相変わらず美味しかった。

・グリル野菜の皿  胡瓜

 胡瓜のグリルって初めてかも。
 青臭さは全くなくて、スモーキーな香りが鼻から抜けて 
 胡瓜もこうして食べるとまた違った美味しさになって感動。


・パンの皿 ディンケル小麦のパン

 大大大好きなこのパン。 テイクアウトしたい程です。
 前回はおかわりしちゃったけど、今回は後があるので我慢しました。


・小さな皿  メロンとトマトのサラダ ハーブの香り

 選べるお皿は迷うこと無くコレ。
 ジューシーで甘いメロンにフレッシュなトマト、最高です

 二人は大葉と水牛モッツァレラチーズのオムレツと
 万願寺唐辛子のカルボナーラ仕立て生ハムを添えて。


・メインの皿  焼き茄子と生姜のスパゲッティ

 メインも迷わずコレです。
 トロトロの焼き茄子にピリリと生姜がきいたパスタ。

 二人は今の野菜と松阪豚のラグーソースパッケリ、
 hoshiライス マスカルポーネチーズ添え。

私はデザートに 桃のコンポート ヨーグルトアイス添えを追加。
一人はビール、一人はコーヒーを飲みながら、話は尽きない。
みんな、忙しくて、手紙やメールの付き合いが続いていたけど
少しずつ、こうして集まる事が出来るようになった。
互いにまだまだ、忙しい日々は続くけれど いつ会っても高校生の頃と変わらないテンション。
本当に本当にかけがえのない友達。
私達は全く、お洒落でもないけれど 日々、汗して暮らす姿はキラキラしている。


愉快な仲間と美味しいお料理。
人生、甘くはないけど私はとても、恵まれていて幸せだと思った。

hoshizumiさん、ありがとう。
騒がしくてごめんなさい。(後日、ご主人に「すっごく、楽しそうでしたねー♪」と。。。。)

さっちゃん、ゆきえ、ありがとう 秘密の計画、実行しようね。



hoshizumi    http://hoshizumi.com/