ImageClock
こちらもヨロシク☆
『浮き草上等』 続☆浮き草上等のパート1です。 よかったら覗いてみて下さい♪ http://blog.blochiita.jp/ukigusa/
プロフィール

kaka0323

Author:kaka0323
かかデス(*´∀`*)ノHELLO

将来有望な芸人の息子と
何気ない日常の何気ないブログです♪
気まま&お気楽がモットー☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
hello☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2018.1.20 東京   ~ DAVID BOWIE is ~

前記事の続き

山本耀司に刺激を受けて次の目的地へ。
さぁ 何ヶ月も楽しみにしていた催しへ
コレが無かったら、東京へ行く機会は無かった。


DAVID BOWIE is

DAVID BOWIE is

2017.1.8 sun - 4.9 sun


デヴィッド・ボウイの回顧展 『DAVID BOWIE is』
去年、11月にチケットを購入して
この日を楽しみに楽しみに待っていました。
天王洲アイルまでは新宿からちょっと、距離もあったけど
ワクワク ワクワク
楽しみな気持ちが大きくて、遠足へ向かう保育園児のような気持ち。

駅から会場まではなんとな~く、歩いて到着。



1.20 david bowie is

私が予約購入したチケットは18時入場枠。
入場時間枠は
①【10:00-12:00】 ②【12:00-14:00】 ③【14:00-16:00】 ④【16:00-18:00】 ⑤【18:00-19:00】
*金曜日のみ20:00 (私が行ったのは金曜日でした。)

「えー!時間でチケットを買うの?」

っと思う方もいると思いますが
ヘッドフォンをして会場を回るシステムになっているので
貸し出すヘッドフォンの数に限りがあるので仕方ないです。
でも、入れ替え制ではなくて好きなだけ会場にいられますよ。



1.20 david bowie is2

本当に来たんだぁー 来れたんだぁー
せっかくなので記念撮影そして入場。




1.20 david bowie is3

ロビーは撮影OK。(中は一切、NGです


1.20 david bowie is4

ワクワクがドキドキに変わります。


1.20 david bowie is5

ヘッドフォンを受け取り場内へ。

Excellent

もぉー、素晴らし過ぎる。

ヘッドフォンを付けて会場を回って、
各セクションの内容とシンクロさせた楽曲や
インタビュー音源を聴きながら展示を見て、目と耳でボウイの世界に完全に没入できる。

中でも、パントマイム「THE MASK」
この映像の前から動くことが出来なかった。

そして、素晴らしい衣装、デヴィッドの才能に脱帽。
中でも有名な衣装、


1.20 david bowie is6

アルバム「EIRTHRING」のジャケットに使用されたこの衣装。
デビューしたてのアレキサンダー・マックイーンと制作。
実物はとても、カッコ良くて ここでしばらくの間、立ちつくしてしまいました。


1.20 david bowie is7

DAVIDが着ると更にカッコイイ


見どころ満載で頭がパンク寸前

いや、パンクしちゃってましたよ(笑)
最後の部屋でヤラレタ。。。。  泣いてしまった。。。。


1.20 DBis2

放心状態



1.20 david bowie is8

1階の特設カフェ 「DAVID BOWIE is CAFE」 へ。


1.20 david bowie is9

メニューは思っていたよりも充実してます。
DAVIDを生んだロンドンをコンセプトに、「DAVID BOWIE is」の世界観を食で体験。
「TERRA CAFE BAR」運営チームプロデュースのもと、
「BROOKLYN RIBBON FRIES」「good hood food」といった人気飲食店とのコラボレーション。
フィッシュ&チップス、ロンドンジントニックといったロンドンゆかりの定番ものから、
4種類の味から選べるブルックリンリボンフライ、コリアンダーキーマカレー、タコスなど。



1.20 david bowie is10

グレープミントウォーター

どりあえす、頭と心をクールダウン。
ほんのり甘くてミントの爽快感、美味しいです。
ドリンクを注文すると、DAVIDのコースターがもらえます。


1.20 david bowie is11

落ち着いたらお腹が空いてきたので軽く食事をしました。


1.20 david bowie is12

可愛いスタッフのお姉さんに勧められてタコスをチョイス。


1.20 david bowie is13

タコス

分かりにくいですが、チキンとポーク2種類のタコスです。


1.20 david bowie is14

トウモロコシ粉100%の生地に
少しスパイシーなチキンのタコスと
パイナップルの酸味がアクセントのポークのタコス。
これが結構、美味しくて ワシワシとたいらげてしまいました。

オリジナルグッズを少し、買いました。
欲しかったモノはすでに完売で残念。。。。




1.20 david bowie is15

再び、カフェでコーヒーを。。。。
DAVIDの歌が流れてていて、遅い時間だったので混雑もなく
私のように余韻に浸っているお一人様の方もチラホラ。


1.20 david bowie is16

コーヒーは残念なほど不味かった。
濃すぎだよー。


1.20 david bowie is17

あー。 帰りたくないなぁー。
結局、closeまでいました。




1.20 david bowie is18

帰り際に再びここへ。 入口のオブジェは裏2面がメッセージボードになっています。


1.20 david bowie is20

こちらの面と


1.20 david bowie is19

ペイントアーティストさとうたけしさん作の『ヒーローズ』の面。
私も書きたかったのですがペンがどこにもなくて書けず
(ペン等は自分で用意しなくてはいけないと後ほど知りました。)

でも、このメッセージがまた良かった。


1.20 david bowie is21


1.20 david bowie is22

みんながDAVIDを愛する気持ちが伝わってくる。


1.20 david bowie is23
私のお気に入りはコレ。


1.20 david bowie is24

第三の目のDAVIDと星の王子様が見事にリンクしてる。




1.20 david bowie is25

辺りはすっかり、真っ暗でひとけも無し。


1.20 david bowie is26

来て良かった。
でも、見たりない。 不完全燃焼な感じ(笑)

新宿へ向かう電車の中で思った。
DAVIDって逆に年をとってないか?って。
若い時の彼はとても未来的で時代より遥かに先を生きていて
だんだん、普通に人間に現代に近くなっていった印象。

DAVID BOWIE is ... the future!!



1.20 david bowie is27

新宿へ戻り、帰りもバスです。


1.20 david bowie is28

24時過ぎのバスは2列で半個室のハイグレードなバス
今回の東京は大満足の旅。
疲れてはいるけど、そんな事よりも充実&満喫して幸せです。

バスが出発してしばらくして思う。



1.20 DBis3

DAVID BOWIE is 、リベンジだー



DAVID BOWIE is   http://davidbowieis.jp/




スポンサーサイト

2018.1.20 東京   ~ 画と機 山本耀司 朝倉優佳 ~

前記事の続き


小山さんにお会いして胸がいっぱい
世田谷から再び、新宿へ
向かったのはDavidと同じぐらい楽しみな目的


1.20 画と機

東京オペラシティ アートギャラリー

タイミングよく開催された事に飛び上がってしまうほど感激した。
いつか、彼の「赤」を手に入れるの私の目標。



1.20 画と機2

画と機

山本耀司
朝倉優佳


2016.12.10 sat - 2017.3.12 sun

ここ数シーズンにわたり
ヨウジヤマモトの服づくりに熱を与えた
画家・朝倉優佳の作品も交えて展示。
『画と機』というタイトルは
編集工学者の松岡正剛氏が考えたもの。
「画」は絵画を
「機」は「はずみ」や「機会」「機織(服)」を意味している。



YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


私は山本耀司の赤にショックを受けて以来、
いつか、彼の赤を手に入れると決めた。

ファッションとは違う、彼の「画」にどう感じるんだろう。。。。

大きな期待を胸に会場へ向かう。
場内は撮影OK。
目に胸にはもちろん、スマホにも焼き付けてきました。



1.20 画と機3

イタリアの作家(小説家)アントニオ・タブッキの小説のタイトル『いつも手遅れ』
制作スタジオに置いてあった朝倉所有の書籍を
山本が偶然目にし、語感が気に入って、展覧会のサブタイトルに。
会場は大きく分けて3つのゾーンに分かれている。




1.20 画と機4


1.20 画と機5


1.20 画と機6


1.20 画と機7

光と影を巧みに使った演出。
ガラスにオイルパステルで描かれた作品。
手前の面を山本耀司が描き、逆の面を朝倉優佳が描いたもの。


1.20 画と機8

作品の影もアートの一部になっててカッコイイ。



1.20 画と機9


1.20 画と機10

この絵の前で立ち止まる。
やっぱり、山本耀司の赤は素敵だ。



1.20 画と機11



1.20 画と機12

会場にはヨウジチルドレンがたくさん来てた。
やっぱり、みんな、全身黒。


1.20 画と機13


1.20 画と機14

そんな中で全身赤の私は浮いていたと思う。
でも、私の中で山本耀司は「赤」で ヨウジヤマモトは「黒」というイメージ。
今回は山本耀司としての展示だから「赤」で。
山本耀司の「画」はやっぱり、黒より赤だった。
生命力を感じる魂の「画」


1.20 画と機15


1.20 画と機16


1.20 画と機17


1.20 画と機19

ユーモアも忘れない。
隅々まで見ると可愛らしさもあって、思わず笑ってしまう。



1.20 画と機20

壁に展示されるているのが、朝倉のものを中心としたたくさんの絵画。



1.20 画と機21


1.20 画と機22

ヨウジチルドレンを探せ
オブジェに紛れて数人のヨウジチルドレンがいるよ




1.20 画と機23


1.20 画と機24


1.20 画と機25

山本耀司の画は陰と陽、美しさと寂しさを感じる。
そこに朝倉優佳の強さと激しさが加わる。
2人の作品は違和感なくヒトツになり、見ていると生命力が湧き出てくる感じ。



1.20 画と機26


1.20 画と機27




1.20 画と機28


1.20 画と機29


1.20 画と機30


1.20 画と機31




1.20 画と機32


1.20 画と機33


1.20 画と機34




1.20 画と機35




1.20 画と機36


1.20 画と機37

山本耀司がその場で直接手がけたという窓ガラスへのペイント。


「来てよかったー。」

会場へ向かう電車の中で私はとても、ウキウキしていた。
その、ウキウキを裏切らない展示会だった。
やっぱり、山本耀司ってカッコイイ

赤いドレスの女性の絵は私の中で№1
でも、同じぐらい気に入った絵は


1.20 画と機38

コレです。


画と機 山本耀司 朝倉優佳   http://www.operacity.jp/ag/exh193/


「2018.1.20 東京」つづく。。。。



2018.1.20 東京   ~ GRASSHOPPER GUITARS ~

前記事の続き


新宿から小田急線に乗って世田谷田代駅で下車。


今回の東京で一番、東京らしさを感じたのは。。。。

1.20 グラスホッパー

めちゃめちゃ長いエスカレーターかもッ(笑)
初めて一人で東京にきた20そこそこの時に
東京で電車の乗り換えにてこずって、とっても長い階段や
エスカレーターに疲労感を感じた時の思い出が蘇ってくる

この町にはいつか、絶対にくるんだ 絶対、会いに行くんだ
そう思い続けて念願の世田谷です。

私にとって、恩人。


1.20 グラスホッパー2

GRASSHOPPER GUITARS



1.20 グラスホッパー3

1960年代から70年代の
日本製アコースティックギター&エレキギターを中心に取り扱っているお店。
オーナーの小山さんに会いに来ました。
突然の訪問、緊張と感激でハイテンションな私だったけれど
小山さんはとても、気さくに接して下さいました。

感極まって泣いてしまった私でしたが
ここに来られて、小山さんにお会い出来て本当に嬉しかった。



1.20 グラスホッパー4

いつも、お肉やガッツリ飯を食べてる小山さん。
想像していた小山さんはわんぱくなイメージだったけれど
とても優しい、素敵なお方でした。

小山さん、ありがとうございました。 また、遊びに行きます



「2018.1.20 東京」つづく。。。。



2018.1.20 東京   ~ ビア&カフェ BERG ~

前記事の続き


チラホラと雪が舞い始めた東京。
SALON BAKE&TEAで食べたパフェでお腹がいっぱい
だけど、甘いもんのあとはしょっぱいもんが食べたくなる。。。。

Mさんに 「新宿に行くなら、ココへ行くといいよ。」
そう、教えていただいた所へ。
ちょと、迷いながらも到着。


1.20 ベルク

ビア&カフェ BERG

Mさんのお話では食べ物全部、美味しい!
色んな人がいて面白い!
元祖、バルって感じ!

店内に一歩、入って 「確かに!」 と思う。

朝からアルコールが飲めるので
色んな人がいっぱいいて、狭い店内はほぼ満席
運良く、席が空いたのでキープ。




1.20 ベルク2

カウンター前の列に並んで注文&支払、食べ物を受け取る。

隣の席には真面目そうなOL風の女性が一人。
白ワインとハムなど、次々とおかわり。
別の席にはピールをグビグビと飲む男女。(夫婦・恋人ではない感じ)
年配の女性が一人、ビールのみ注文。
サラリーマン風のおじさんがボーッとしながらコーヒー&たばこ。

ほんと、色んな人がいる。
私はどう、思われているんだろうか。。。。



1.20 ベルク3

私が注文したのは11時からのスペシャルランチ
エッセンベルグ(コーヒー付き)
数量限定ですが、まだあってラッキー♪


1.20 ベルク4

一皿に30食材使われているそうです。


1.20 ベルク5

シンプルな味付けの大麦と牛肉の野菜スープ


1.20 ベルク6

パテがすっごく、美味しい
パンとよく合って、食がすすみます。
クレープもほどよい甘さでしっとりしてて美味しい。
お腹いっぱいだったはずが美味しくてパクパクと食べちゃいました。


1.20 ベルク7

単品だと200円と激安のコーヒーは
香り豊で私の好きな深煎りでとっても、美味しかったです

ベルク ヤバイ
こんなお店が近くにあったら、絶対、入り浸ると思う。

洒落たお店なら名古屋でもある。
東京には確かにお洒落な有名店も多い。
でも、私はこういうお店に行きたい。
お酒を飲まない私には新橋よりもベルクの方が居心地良いです。
絶対、また、ここに帰ってくるよー


ビア&カフェ BERG   http://www.berg.jp/



「2018.1.20 東京」つづく。。。。



2018.1.20 東京   ~ SALON BAKE&TEA ~

2018.1.20 fri


待ちに待った東京行き
目的は東京で開催中の回顧展


DAVID BOWIE is

DAVID BOWIE is


この日は「大寒」
天気予報は関東に雪マークが。。。。
前の週に大雪に見舞われた事もあって不安いっぱい
極寒の中、分厚いタイツやカイロやらであったかくして出発。

今回は東京までバスの旅。
しかも、しかも、交通費はタダ


バス FB

高速バス WILLER の18,000円分のクーポン券が当たったから

何年ぶりだろう。バスで東京まで行くのって。
かなり前にTDLに行った以来かな?
今は東京までの路線も増えて、料金も安くなったから便利だけど
どーしても、バスって半端なく疲れるイメージ。
でも、せっかく当たったクーポンを利用しないのは勿体ない。



1.20 新宿

出発は朝7時半。
この時間帯なら息子っちに朝食を用意してから行けます。
15年ぶりに見上げるこのビルは以前、働いていた職場。
息子っちが生まれる一ヶ月前まで働いていた所。

懐かしさと同時に当時の色んな思いが蘇ってくる。
あの頃は不安で不安で泣いてばかりだったなー。。。。
息子っちを生んで良かったなーっ。。。。



1.20 新宿2

ささしまから東京まで運んでくれるバスはピンク色の可愛いバス。
ここのバスを利用するのは初めて。


1.20 新宿3

社内もピンク。


1.20 新宿4

モニターが装備されてて、映画やTVも見れます。
乗客が少なかったので隣に人はいなくて、気兼ねもナシ
運転手さんがとっても、素晴らしい接客&運転でとても快適。
今のバスってこんなに快適なんて。

東京に近づくにつれて空は灰色に。
行きは天気もなんとかもって、
トラブルもなく予定より20分ほど早くバスタ新宿に到着。

お昼ご飯の前にバスタ新宿に隣接している商業施設
NEWoMan へ行ってみる。
東京=新宿、多くの人で混んでるのかなーっと思ったらビックリするほど空いてた。



1.20 新宿5

SALON BAKE&TEA

可愛らしいお店のカフェに入ってみる。
ここも、13時すぎなのに空いてる。
バッチリメイクの可愛いスタッフさんに案内されて席へ。



1.20 新宿6

おぉぉぉw(゚o゚)w
とっても、気になるパフェを発見。

このパフェはブリジッド・バルドーが名付け親とされる
南仏伝統スイーツ、トロペジェンヌを新しい形で表現した
全長約30センチのビッグパフェ



1.20 新宿7

さて、私はどっちのパフェを注文したでしょうか?
窓から外を見ると雪がチラチラ舞い始めました。
あー。。。。 やっぱりかー。。。。 


「おまたせしましたぁ~。」


やってきました!



1.20 新宿8

季節のパフェ ~パフェ・オ・ポンム~



1.20 新宿9

チョコのパフェも惹かれるけど、りんごのパフェって珍しいからコッチにしました。
なんでも、果肉まで紅く美味しい希少な「紅の夢」を使っているそう。
バニラアイス、特製クリーム、紅茶のジュレ、シナモン風味のクランブル。。。。
盛りだくさんのパフェですヾ(o´∀`o)ノ



1.20 新宿10

小さなパンにサンドされタワーは
表面は甘酸っぱいクリームで中にはバニラアイス。

この、タワーがカチンコチンでスプーンが刺さらない
ど~やって食べたらいいか悩む。
隣の席にいた、若い子2人が同じパフェを食べていたので
食べ方をレクチャーしてもらいました。



1.20 新宿12

りんごの特製クリームや紅茶のジュレ、全てが美味しかったんだけど
完食できす。。。。 無念。。。。( ノД`)
1/3ほどお残しです。


SALON BAKE&TEA   http://salon.adametrope.com/



「2018.1.20 東京」つづく。。。。