ImageClock
こちらもヨロシク☆
『浮き草上等』 続☆浮き草上等のパート1です。 よかったら覗いてみて下さい♪ http://blog.blochiita.jp/ukigusa/
プロフィール

kaka0323

Author:kaka0323
かかデス(*´∀`*)ノHELLO

将来有望な芸人の息子と
何気ない日常の何気ないブログです♪
気まま&お気楽がモットー☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
hello☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

meiji カール

カール、東日本での販売終了!!

突然、飛び込んできたニュース。
「えッ!」っとは思ったけれど、我が家ではスナック菓子を食べないので
世間が騒ぐほど衝撃は受けてない。
でも、昔からなじみのあるお菓子が姿を消すのは寂しい。。。。


カールshinji5

2017年8月生産分をもって全国販売を 中止し、
販売地域を関西地域(滋賀・京都・奈良・和歌山)以西の
西日本地域に限定とすると5月25日、発表した。
赤い色の所は今後、カールは買えないらしい


この、ニュースの後でカールがバカ売れ。
品薄状態になっているお店もあるとか。なんか、あさましいなー。

カールをググってみたら面白い画像が出てきた。


カールshinji

カールおじさん? いや、違う! カールshinji
武田真治のインスタから。



カールshinji2

こんな、セクシーなカールおじさんだったら、
カールは販売終了に追い込まれなかったかもしれない。


でも、やっぱり、


カールshinji3

こっちのおじさんの方が好きだなー


そうそう、こんなカールネタを発見。
出現確率0.018%のカールおじさん
なんじゃいな?って思いますが。。。。



カールshinji4

カールおじさんの形をしたカールがあるらしい


私、カールって何年食べてないだろう。


時代の流れと共に消えてしまうお菓子。
スナック菓子を食べない人も増えているから仕方のない事かな。
機会があったら、カールに出会えたら買ってみようかな。



スポンサーサイト

25年前の手紙

2017.5.10 wed

今朝、さっちゃんからLINEがきた。

ちなみに「さっちゃん」とは高校の同級生。
いや、正確に言うと多治見市立根元小学校からの付き合い。
その、さっちゃんが懐かしいモノを見つけて
「捨てられない!」との事。
懐かしいモノとは私がさっちゃんに送った手紙や
私が書いた一緒に行った旅行のパンフレット。


南紀勝浦の旅


南紀勝浦の旅のパンフレットには【平成4年4月】の日付。
やだ!25年も前じゃんw( ̄o ̄)w!!
当時はよく、さっちゃんと旅行したなー。
私はいつも、勝手にパンフレットを作ってた。(仕事中に。。。。)
さっちゃんがとっておいてくれた事はモチロン、
パンフレットにちゃんと、スタンプを押してくれていたのが嬉しい♪


そうそう、この旅行でさっちゃんは「一生の恥パート2」をかいたんだ(笑)
「一生の恥パート1」は高校3年生だった。
さっちゃんに今でも言われるのは
「かんちゃんってさ、小学生の頃にみんなを集めてコックリさんしてたよねー!」
私の「一生の恥パート1」はさっちゃんよりも早い小学生の頃かも。
(今度、さちゃんと久しぶりに会う事になったよ~♪)


さいきんのあのね

毎年、楽しみにしている半田市の風景。

先日の萬三の白モッコウバラもそのヒトツ。
そして、もうヒトツは


半田運河鯉のぼり

半田運河の鯉のぼり

いつもは青空の下で泳ぐ鯉のぼりを見ているけど
今年は初めて、夜空に泳ぐ鯉のぼりを見に行きました。



半田運河鯉のぼり2

とっても、美しいなぁー。

青空もいいけど夜空だとより勇壮で、神秘的
朝の通勤で毎日、見ているけど慌ただしい中で見るより
ゆっくりと風に吹かれながら見ると本当に美しい。

総勢54本の鯉のぼりは5/7まで見ることができます。



さいきんのあのねプチ。


ハートのパックンチョ

ハートのパックンチョ
しかも、ティンカーベルってのが嬉しい



さいきんのあのね

2017.4.28 fri


今年のGWは
なんじゃこりゃー
って感じの本当に酷い日程。
正味、たったの2日間って感じでこんなんならGWなんて要らないわ。

貴重なGWの連休一日目。
行きたかった所に行き、その帰り道。
何度も何度も通っている道の途中にふらりと寄り道。。。。


まるで吸い込まれるかのような

吸い寄せられるかのような



2017 この道


何てことない普通の道。

でも、私はこの道がいつも気になってた
いつもは侵入できないように道の真ん中に衝立が置いてあるんだけど
昨日はその衝立がなくて、
「あれ?」っと思って通り越したけどUターン

ちょっと、ドキドキしながら途中まで侵入してみる。

でも、途中で引き返す。


私がこの道に惹かれる原因は
きっと、この道の先には素晴らしく美しい湖があるとか
色とりどりの花が咲く草原が広がっているとか。。。。
見た事もない景色が待っているような
何てことない道だけど、明るい未来に繋がっている人生のような道だから。。。。かな?




2017 藤の花

ちょっと前の事、藤の花が満開になった日。
仕事中のあの子を訪ねて職場へ。

私より、ウンと若いあの子。
初めて会ったのは5年ほど前。
日焼けした小麦色の肌にエキゾチックな顔立ちで細く長い手足。
サーフィンとスケボーが得意で、スティングが好きで
料理上手でケーキだってプロ並み。
裁縫だって出来ちゃうんだよ!
完璧なギャルだった。

黙ってると美人だからお高い感じに見えるけど
本当はとても真面目でスットコドッコイで笑顔がかわいーあの子。
忙しいGWが終わったらご飯に行く約束をした。


最近、思う。


終わった出会いは残念だけど、
代わりに新しい出会いや深まる縁がある。
終わりは始まり。
そう思うと終わりがくる事もいいもんだ



さいきんのあのね

2017.4.20 thu


ある日の夕方。
息子っちと家からすぐのスポーツ用品店で買い物。
息子っちは遊びに行っていた友達の家から自転車で店へ。
私は家から歩いて店へ。

店で合流して買い物を済ませて
じゃ、私は歩いて帰るから。。。。と言おうすると
息子っちが隣に並んできた。
自転車を家に置いて、歩いて店まできたんだそう。


2017 この道


店まで5分ちょっとの散歩。
久しぶりの息子っちとの散歩。
私はとても、嬉しく思った。
そうだ、息子っちが保育園児のころ 
この道を何度も何度も歩いたり、自転車に乗せて通ったなー。

ゲームもスマホもテレビも音楽も漫画もない。

息子っちのお喋りはいつもよりゆっくりで優しい口調。
部活の話や6月の修学旅行の話をしながら家まで歩いた。


踏切の真ん中から見た線路。
この時、とても懐かしい歌が浮かんだ。


この道はいつか来た道
ああ そうだよ
あかしやの花が咲いてる

あの丘はいつか見た丘
ああ そうだよ
ほら 白い時計台だよ

この道はいつか来た道
ああ そうだよ
お母さまと馬車で来た道

あの雲もいつか見た雲
ああ そうだよ
山査子の枝も垂れてる



北原白秋の「この道」
北原白秋が晩年に旅行した北海道と、
母の実家である熊本県南関町から柳川までの道の情景が歌になっている。

この歌を小学生だか中学生の頃に授業で歌った時は
全く、楽しくなくてつまらなかったけれど
今はこの歌がとても美しく感じる。
歌っていると見た事も無い情景がはっきりと浮かぶ。

なーんて事もないよく通った よく歩いた道が
時を経て思い出になるって素敵だなぁー。


抱っこをして
手を繋いで
傘をさして
自転車にのっけて
駆ける背中を見守りながら歩いた「この道」を
今は並んで歩いている。

たった5分ほどの散歩は素晴らしく、素敵な散歩になった。