ImageClock
こちらもヨロシク☆
『浮き草上等』 続☆浮き草上等のパート1です。 よかったら覗いてみて下さい♪ http://blog.blochiita.jp/ukigusa/
プロフィール

kaka0323

Author:kaka0323
かかデス(*´∀`*)ノHELLO

将来有望な芸人の息子と
何気ない日常の何気ないブログです♪
気まま&お気楽がモットー☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
hello☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

ASSEMBLAGES KAKIMOTO

2018.5.20 sun


5.20 アサンブラージュカキモト

ASSEMBLAGES KAKIMOTO

最後に向かったのは以前、食べたケーキが美味しくてまた食べたくなったので
再びお邪魔しました。
テイクアウトとイートインどちらもOKです。
今回は季節的にテイクアウトは厳しいのでイートインです。

が、一年前と違ってかなりの人気店になっていて満席。
イートインは40分待ちとの事。
少し待って様子を見ることにしました。

「パティシエ」「ショコラティエ」「キュイジニエ」3つの顔を持つ垣本シェフ。
夜はディナーを提供されています。
一度、夜のディナーにお邪魔してみたいのですが
席数が8席ほどなので競争率がかなり高い




5.20 アサンブラージュカキモト2

予定よりも20分ほど早く、席へ案内していただけました。

ショーケースのケーキやボンボンショコラ以外に
イートイン限定のメニューもありますが
今回はお目当てのケーキが決まっていたので、ケーキとボンボンを注文。




5.20 アサンブラージュカキモト3

とっても素敵な盛り付けで登場




5.20 アサンブラージュカキモト4

ZEN

食べたかったケーキはコレ。
塩芳軒さんのあんと求肥のガトー。
和風のケーキはよくありますが、カキモトさんのものは
洋と和のバランスが最高で素晴らしく美味しい




5.20 アサンブラージュカキモト5

山椒

このボンボンショコラ、大正解です
サラリと溶けるビターチョコはカカオ以外の余計な味は一切、ありません。
そんなチョコにどう、山椒が使われているのか興味津々でした。

山椒とチョコの相性の良さにビックリ

洋風のスパイスよりまろやかな山椒。
これはクセになっちゃう美味しさでした!




5.20 アサンブラージュカキモト6

やっぱり、美味しい。 やっぱり、来て良かった。




5.20 アサンブラージュカキモト7

コースターがチョコレートで可愛かった。

前回も思ったけれど、スタッフの皆さんの対応も素晴らしいです。
私よりもかなり、若い皆さんですが
スマートな接客や言葉遣いは勉強になります。




5.20 アサンブラージュカキモト8

息子っちへのお土産。




5.20 アサンブラージュカキモト9

ギモーヴショコラ

マシュマロにビターとミルク、2種類のチョコレートをコーティング。
サラリとしたチョコはカカオの風味がとても豊かです。
「うん、おいしい!」っとパクパク食べる息子っち。

高級チョコなんだぞー!っと思いましたが
美味しそうに食べる姿が可愛かったのでヨシです




5.20 アサンブラージュカキモト10

サブレバニーユ

サブレはまだ、食べていないのでお楽しみです♪


ASSEMBLAGES KAKIMOTO   http://assemblages.jp/




KKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKK



5.20 京都1

1週間前に決まった京都。
新しい環境はかなり大変で最初の自信とヤル気が一転、
凹んでしまう事も多くて。。。。
まだまだ、甘い私はこうしたリフレッシュTIMEが無いとムリです(笑)


5.20 京都

バスを使ったので時間もゆっくりとしていて
色んな事を考えたり、思ったり。。。。

「今の大変さはきっと、何年後かの財産になってる!」

こう思えたのは、色んな方が私の為に動いてくれているから。
職場の先輩たち、前の職場の同僚、友人、そして、息子っち。
この年齢で生まれ変われるチャンスを掴めた事に感謝!


5.20 京都2

このアートは壽ビルディングで開催されていた作品。
蛍光色の糸と鉄。
無造作だけど計算されている構図がカッコ良かったなー。。。。


京都に行って良かった。


スポンサーサイト

CURRY PLANT

2018.5.20 sun

前記事の続きになります。
茶房 こげつ を出て向かったのは4月30日にOPENしたばかりのお店。


CURRY PLANT (カレープラント)


5.20 カレープラント

私と千秋ちゃんの大好きな、ORTO・谷村シェフのお店です。
ORTOのシメとして供されるカレーが好評でカレー専門店「CURRY PLANT」をOPENしたのだとか。
谷村真司シェフ(左)が朝のうちに仕込むカレーを、店長の稲垣寿基さん(右)が提供。




5.20 カレープラント2

場所は錦小路を入った隠れ家的な場所。
でも、分かりやすい場所なので一度、訪問すれば覚えられます。


5.20 カレープラント3

少し、早めのOPEN15分前に到着。
入口のドアが開いていたので店内が見えます。
なんと!谷村シェフ!
「ここに来てから、ORTOへ行くんです!」っとのこと。
カレーの仕込みが終わると自転車で颯爽とORTOへ向かったシェフ。

ORTOは昼と夜、営業があって、尚、CURRY PLANTでも。。。。
シェフのタフさにちょっとの事で凹んだ自分が恥ずかしくなる。
でも、お会い出来て嬉しかったです。


カレーは3種類。
メニューを見る前から、FBで確認済み もう、注文は決まっていたので予定通り。



5.20 カレープラント4

京鴨カレー&玉子と旬野菜のピクルス




5.20 カレープラント5

玉子と旬野菜のピクルス

蕪、フキ、茗荷、胡瓜。
和の食材のピクルスはまろやかな酸味でクセがなくて美味しい。




5.20 カレープラント6

京鴨カレー

ワーイ 鴨大好きな私が絶対!食べると決めていたカレー。
4月にORTOへお邪魔した際にシメのカレーが京鴨のカレーで
とっても美味しかったから、ワクワクです

自家製ポテトチップス、レンズ豆の煮込み、キャベツのソテー。
新玉ネギのマリネが添えられます。




5.20 カレープラント7

京鴨の骨から内臓まで余すことなく使われたカレーは
スパイシーだけどスパイスが勝ち過ぎてなくて、和のテイストもあって
京鴨の砂肝がコリコリと食感が楽しい。 この味で1,000円は安いです!

見た目以上にボリュームもあって、お腹ツンツンになりました。
食後にアイスキャンディーとコーヒーをいただきたかったけれど、ちょっと無理。
次の機会までお預けです。

お店は一階はカウンター席、二階がテーブル席。
カレー以外にもサイドメニューが数種類とコーヒーからお酒まで。
ORTOの味が気軽に楽しめる、CURRY PLANTはきっと、人気店になるだろうなぁー。


CURRY PLANT

住所:京都市中京区西錦小路町262-8   075-200-9880
OPEN:11:30〜20:30・月曜休&不定休

FB https://www.facebook.com/Curryplant.shijokarasuma/
https://www.instagram.com/curryplant_1/



京菓子處 鼓月   ~ 茶房こげつ ~

2018.5.20 sun


5.20 こげつ

朝早くから着物で、息抜きぷらっと小旅行。
この着物&帯の組み合わせはここ最近のお気に入りコーデ




5.20 こげつ2

到着!
やってきました馴染みの土地へ。

っと、こんな写真じゃ何処なのか分からない。
(分かった方はかなりなツウです)




5.20 こげつ3

行先は 京都
先月(4月)にも着てます。千秋ちゃんに会って、美味しいモノを食べました。
今月は一人です。

バスでの節約旅。
渋滞や事故を考えて早めの便を選択したので
最初の目的地へ向かうのには一時間ほど時間が開いてました。
朝が早かったせいか小腹がグー




5.20 こげつ4

京菓子處 鼓月 さんの 茶房 こげつ へお邪魔しました。




5.20 こげつ5

鼓月さんと言えば、有名なお菓子!千寿せんべい!
千寿せんべい、私はとっても大好きでおやつに時々、食べてます

美味しそうな冷たい甘味やおざんざいもありましたが
この後、お昼ご飯がスタンバイしているので抹茶と上生菓子のセットを注文。




5.20 こげつ6

御抹茶と上生菓子




5.20 こげつ7

季節の上生菓子 花あやめ

5種類のお菓子から選んだのは
今の季節らしいこなし製・小豆こし餡の花あやめ




5.20 こげつ8

烏丸駅からすぐの茶房 こげつ。
混雑してないし、2階にあるので静かで過ごしやすいです。
一階は千寿せんべいをはじめ、美味しいお菓子を買い求める事ができます。

連日、初夏の陽気だった日本。
この日は程よく風もあって、気温も平年並みで着物でもOKな陽気。
ただ、着物のせいか地元民と思われよく道を訪ねられました。



京菓子處 鼓月   https://www.kogetsu.com/



ORTO

前記事の続き

2017.6.3 sat

この日、京都駅に着いて真っ先に向かった場所は。。。。


6.3 伊勢丹David

ジェイアール京都伊勢丹

ミック・ロックによるデヴィッド・ボウイ写真展
「DAVID BOWIE by MICK ROCK」
ボウイとゆかりの深い京都での開催が決定。
巡回展に先駆け、5/31(水)からジェイアール京都伊勢丹の
1階・2階のウィンドウディスプレイの展示が始まっていました。
この写真は1階。


6.3 伊勢丹David2

2階のウィンドウディスプレイはこんな感じ。
東京に続いて、京都でもDavidに会えて嬉しいッ

前記事で「大好きな2人に会いにやってきました。」と書いたけど
「大好きな3人に会いにやってきました。」と訂正します。
1人目はDavid。
2人目はメリーゴーランド京都で美月さん。
そして、3人目は20年近い付き合いになる千秋ちゃん。

今年の3月にアルスシムラを卒業した千秋ちゃん→
卒業のお祝いと新しい門出の祝福を兼ねて食事をしようと約束
お店は私が決めさせていただきました。
千秋ちゃんと地下鉄烏丸御池駅で待ち合わせて向かったのは


6.3 オルト

ORTO

このお店に決めた理由は京都の野菜を使っていること、
季節に寄り添い、旬素材の味を最大限に引き出すために
塩分、油分を控えた調理法をしていて、ヴィーガンも対応しているから。

千秋ちゃんも私も体をいたわるお年頃。
体に優しい上質な料理をたべなくちゃね。
事前にネットできちんと予約をいれて、ちょこっとメッセージも添えさせていただきました。
返信のメッセージの文章がとても丁寧で素敵だったので
初めてお邪魔するORTOさんですが
このお店は絶対、間違いないッ! と確信。



6.3 オルト2

扉を開けると感じの良いスタッフさんがお出迎え。
店内は2階建てになっていて、1階はカウンター席、2階はテーブルが3~4席。
私達は2階へ案内されました。
そんなに広いお店ではありませんがテーブルとテーブルとの間隔が広く、
空間の演出がとても上手なのでとても広く感じました。

オーナーシェフ 谷村真司さんの創り出す料理は
芸術的でどれも美しく、どれも美味しく
京都にまだ、ひとつ、愛するお店を発見してしまいました

私たちがいただいたのは
小満(しょうまん)の名のコース料理。
気候が良くなるこの時期は、草木を含むあらゆるものが成長し、
やがて天地に満ち始めるということから「小満」と名付けられたようです。



6.3 オルト3

水茄子


6.3 オルト4

とっても、可愛らしい水茄子の冷たいスープ。
優しい口当たり、茄子の風味がフワッと広がります。

「いやー!美味しいわぁ~!」 千秋ちゃん、早くも大喜び

千秋ちゃんはギャンブラーだ。
しかも、静かなギャンブラー。
いつも、勝負を続ける女だぜ
ORTOさんの料理はそんな女の胃袋をガッツリ、掴んだ




6.3 オルト5

塩とまと

カモミールのジュレとトマトの相性good 蒸し暑さがぶっ飛ぶ爽やかさ




6.3 オルト6

稚鮎


6.3 オルト7

ヤングコーンの器には稚鮎のフリッターがかくれんぼ。
今年初の鮎にニンマリ




6.3 オルト8

青のりを練り込んだパンは熱々。




6.3 オルト9

菜園

お店の名前、ORTOはイタリア語で「菜園」
その名の通り、様々な野菜が使われている一皿。


6.3 オルト10

菜園に使われている野菜とハーブはこんなに沢山
伏見・齋藤酒造の酵素ジュースをかけて
一口ごとに変わる味や食感に感動



6.3 オルト11

伊佐木

パリッと焼いた皮とふわふわで柔らかい身。
黄色いビーツのソースの盛り付けは宇宙を思わせる一皿。



6.3 オルト12

七谷鶏


6.3 オルト13

七谷鶏はむね肉、もも肉、砂肝、ハツ...
レアな鶏肉の美味しさにショックを受ける千秋ちゃんと私。
添えられた今が旬のアスパラソバージュ。
えんどうとレモンのソースでいただく。




6.3 オルト14

え? ラーメン?
七谷鶏の出汁で作ったスープのラーメン。
上品な旨味、クレソンのシャキシャキ感、海苔の風味。
コース料理でラーメンって初めてw(゚o゚)w
それに鶏を余すことなく使い切るって凄い。



6.3 オルト15



なんと、この一皿はデザートなんです。
蓬のフレンチトーストとカタラーナ。


6.3 オルト16

蓬のフレンチトーストがめちゃくちゃ美味しかった
写真を撮り忘れてしまいましたが、このお皿の前に蕗とレモンタイムの
冷たいお菓子をいただいてます。



6.3 オルト11


6.3 オルト12

最後は一休納豆のフィナンシェとビスコッティ。
一休納豆、初めて食べました



ロロロッサという、漫画・ワンピースに出できそうな名前のハーブが気になる。
帰り際にシェフに尋ねたら、「これです。」と
お店の脇に育つ、ロロロッサ サニーレタスのような可愛らしいハーブだった。
シェフたちが外に立ち、ずーっと笑顔で見送ってくれました。
見送ると言うより、門出を送り出していただいてるようで嬉しかった。

谷口シェフ、スタッフの皆さん、心地よい素晴らしい一時をありがとうございました。



6.3 オルト13

お土産に胡麻入りのメレンゲ菓子をいただきました。

何もかもが最高に素晴らしかったORTOさん。
千秋ちゃんと絶対、また来ようと誓う。

ORTO   http://orto-kyoto.jp/



せっかくだしーっとORTOさん近くの有名な観光地へ寄り道。



6.3 六角堂

六角堂


6.3 六角堂2

聖徳太子のお寺として有名です。
最近では映画「花戦さ」の舞台になりました。


6.3 六角堂3

千秋ちゃんとお参り。


6.3 六角堂4

このお寺では鳩が神の使者として崇められてます。
鳩祈願の土偶がズラリとならんでて可愛かった。

敷地には丸々と肥えた毛並み?のイイ鳩がイッパイ。
人にとても慣れていて全く逃げない。


6.3 六角堂5

逃げないどころか、腿の上に乗ってきた!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

おまけに食べ物をよこせとバッグをあさろうとしてくる
こんな図々しい食い意地の張った使者がいるのか(笑)


今回の京都では会いたい人に会い、美味しい料理を食べて、
鳩に襲われ(笑) とーっても充実した一日だった。


今まではグルメ中心の旅が多かった私だけど
これからは人との再会・出会いを目的とした旅がしたい。
その中で美味しいモノをいただけたらいいな。


後藤美月 個展  あるいみなくある

2017.6.3 sat


6.3 美月さん

in kyoto

この日は大好きな2人に会いにやってきました。
待ちに待った再会の日。
ワクワクしながら、まずはあのお方へ会いに行きます。




6.3 美月さん2

事前にいただいたお便り。
丁度、京都行きを計画していたところに舞い込んだ知らせ。

会いたい人には会えるもんだなー。。。。




6.3 美月さん3

目的地はココ。
オサレな人気なあの、ブランドが入っているビル。
このビルの5階へ。




6.3 美月さん4

メリーゴーランド京都で開催された
後藤美月 さんの個展 あるいみなくある (2017年6月3日~14日開催)
こちらへお邪魔してきました。

この日は美月さんの在廊日。
久しぶりに美月さんに会えるぅ~


この建物がとても、素敵だったのでアチコチ見ながら5階へ上がりました。


6.3 美月さん6

階段の手すりが美しい。


6.3 美月さん7

窓の鍵が可愛かった。


6.3 美月さん5

そうそう、外観もお洒落で上を見上げたら
鳥のオブジェの装飾もあった。




6.3 美月さん8

5階へ到着。
四日市のメリーゴーランドさんへはお邪魔したことがあったけれど
京都のお店は初めて。

個展の会場へ入ると、美月さんがスタッフの皆さんとアタフタ

「あ!かかさん!やらかした!!」

久しぶりの再会のスタートはこんな言葉(笑)
やらかしたのをせっせと、やらかす前の状態に戻した美月さん。
何事もなかったかのような会場になりました。



6.3 美月さん9

四方八方に美月さんの原画がイッパイ
美月さんの作品って可愛い印象だけど、原画はとってもカッコイイ。
重ねて、貼って、塗って、描いて。。。。
息遣いが伝わってきて、胸が熱くなってくる。

美月さんに会えて、
Hさんにも初めましてでお会い出来て嬉しかった。



6.3 美月さん10

写真を撮ろうとしたら、美月さんが
「ドアの窓から撮って!」との指示。

こうしてアップするとわかりにくくなってしまいましたが
美月さんの後ろの白い四角に馬の絵が。。。。

そして、なんと
6月20日に美月さんの絵本が発売されました




6.3 美月さん11

「おなみだぽいぽい」 ミシマ社より発売。

一足お先にこの日、絵本をゲット。
個展では絵本の原画も数点、展示されてましたよ。


6.3 美月さん12

サインを書いてもらっちゃったぁ~ イラストは私の似顔絵です。

本当は買おうと思っていた絵があったんだけれど
前月に洗濯機がぶっ壊れて、タイヤ4本交換して、バッテリーもオイル交換もして
予想外の大出費の為、絵は断念しました。




6.3 美月さん13

でも、カッコイイ馬のブローチが買えた。
漆喰風のブローチ、とっても気に入ってその場で着けちゃった


6.3 美月さん14

別の日にも。。。。 ヘビロテです。

美月さんとの再会を喜び、
「またね~!」と再びの再会を約束して会場を後にしました。


京都から戻って、美月さんの絵本を見ました。


6.3 美月さん15

「おなみだぽいぽい」

この絵本には美月さんの不器用さや優しさがギュッと詰まってて
読み進めるうちに私の鼻がツンと痛くなって胸が苦しくなって、おなみだポロリ。
でも、読み終わったあとは心がカラリ。


6.3 美月さん16

子どもだけじゃなくて、大人にも読んで欲しい絵本。
読者の対象は0歳から100歳超です(笑)


6.3 美月さん17

とても、感動したので本にはさまってたアンケートはがきに
感想などてんこ盛りに書いて投函。




6.3 美月さん18

個展終了後、美月さからお便りが届いた。
秋に愛知で原画展を開催するとのこと。 息子っちと会いに行けたらいいなぁー



美月さんブログ   http://zukkeenee.exblog.jp/